研究室

富田博秋教授紹介

富田博秋教授ごあいさつ

富田博秋教授写真

 災害は突然起こり、生命の危険を脅かされる、親しい人、家屋や仕事を失うという強度のストレス体験を一度に多くの方に強い、また、その後の生活環境の変化からくる様々なストレスを引き起こします。これらのストレスは精神面に大きな影響を及ぼし、更に精神面への影響を介して身体や社会生活に大きな及ぼすことが知られています。また、今回の災害は多くの精神医療機関や精神保健にかかる自治体や各種機関の機能を麻痺させ、患者さんの移送、医療情報の流出、医薬品・物資・情報の確保などの課題への対応が必要となりました。災害精神医学分野は、東日本大震災で被災された方の精神面の影響を把握して支援の体制作り、被災された方の健康増進に貢献するという役割、また、今後の災害に備えて適切な対策を行うための知見の集積、技術の開発、国際レベルでの情報の共有化を進める役割を担っていきたいと考えています。
 また、大災害の後にはうつ状態や心的外傷後ストレス反応に苦しむ方が多く顕れることが知られています。しかし、うつ状態や心的外傷後ストレス反応の本態については依然、不明なことが多く、そのために適切な対応がなされていない面が大きくあります。一方、東北大学には東日本大震災以降、ゲノム医学を始めとする最新の医療技術に基づく次世代の医療体制の構築を行うための国家プロジェクトとして、東北メディカル・メガバンク機構が発足しており、災害精神医学分野では、メンタルヘルスの観点からこの事業に参画しています。災害精神医学分野は、ゲノム医学や脳科学領域の最新の研究手法を駆使して、うつ病や心的外傷後ストレス障害を始めとするメンタルヘルス不調や精神疾患の予防・診断・治療技術の開発を目指しています。

プロフィール

富田博秋
災害科学国際研究所 災害医学部門/
医学系研究科/
東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 /
災害精神医学分野

経歴
平成元年4月〜 岡山大学医学部卒、同大学神経精神医学教室入局
平成7年3月 岡山大学大学院博士課程修了(医学博士)
平成9年4月〜 長崎大学医学部人類遺伝学教室・助手
平成12年1月〜 カリフォルニア大学アーバイン校医学部生理学講座・研究員
平成14年7月〜 カリフォルニア大学アーバイン校医学部精神医学講座助教授相当研究員
平成18年8月〜 東北大学大学院医学系研究科 精神・神経生物学分野・准教授
平成24年4月〜 現職
所属学会

日本精神神経学会・災害支援委員/学会誌編集委員
日本生物学的精神医学会・評議員/うつ病研究推進WG副委員長/将来計画委員/ブレインバンク委員
日本精神神経薬理学会・評議員
日本統合失調症学会・評議員
日本精神行動遺伝医学会・評議員
日本人類遺伝学会・評議員

回り込み解除